米軍放出品ゴアテックス ジャケットパンツ・(軍モノ)ミルスペックは最強です。

長年の相棒になる『服』/モテる男の脱毛グルーミング
スポンサーリンク

軍モノって知ってます?(米軍放出品やミルスペックウエアなど呼称は様々)

米軍放出品などが有名ですね、アラフォー世代の方は高校生の時や20代位の時に東京アメ横の「中田商店」などに行きませんでしたか?

私は田舎者なので修学旅行のときにわざわざ言った記憶があります!(懐かしい・・・)

そこから数十年の時を超え40代も中盤になってきた今!

再燃しましたミリタリーウエア!

なぜならパタゴニア、ワイルドシングスなどの有名アウトドアブランドが実際に米軍の厳しい環境で使用するウエアを作って卸していることを知ったから・・・

しかも物によってはpatagoniaのショップで販売されているものより同じ性能の物が安く買えたりするのです。(当然デザインとカラーは別物ですが・・・)

米軍放出品はファッションアイテムとして使われる方も多いと思いますが、当然厳しい環境での実用性は抜群なのです。

私の主な使用目的は以下

  • 北海道のマイナス10度の屋外の除雪
  • 底冷えが恐ろしい氷上ワカサギ釣り
  • マイナス10近いナイタースキー
  • 気温マイナスの中での冬~春のショアフィッシング
  • 冬場の屋外でのDIY

その性能は流石のひとこと、お高いブランドの、アウトドアウエアを買うのがバカらしくなっちゃいます。というか最初からこれ買っときゃ良かった!

この記事を見ると

  • ミルスペックとは何?
  • ミルスペックのファッション
  • ミルスペックの魅力
  • ミルスペックはどんな時に使うのが最高なのか?
  • ミルスペックのメリットデメリット

こんなことがわかります。

スポンサーリンク

そもそも(軍モノ)ミルスペック(MIL SPEC)とは?

アメリカ軍が必要とする物資の調達に使われる規格。

ミリタリーウエアからコーヒーメーカーまで様々な物品が対象で、細かな規定をクリアしたものだけがミルスペックに指定される。

北極・南極といった極地、砂漠地帯や熱帯雨林でもその性能を100%発揮できるプロダクトだけが選ばれているため、タフでいて機能的なアイテムばかり。

この数年で米軍放出品(軍モノ)を買いまくり

ここでは私がこの2年で購入した商品の紹介をします。

私の着用目的は基本的に「作業服」「行動服」です。別にファッションアイテムとして着用するのも良いのですが、ファッションアイテムとして着ると、イカツイ怪しいおじさんになってしまうので止めています。

ちなみに私はパタゴニア大好きおじさんで、放出品に合わせて着用するアウトドア用品は、ほぼパタゴニアとなっています。

patagoniaパタゴニアmarsマーズLEVEL6 PCU GORE-TEXパンツ

 

登山用に購入(まだ行ってない・・・)

patagoniaパタゴニアmarsマーズLEVEL6 PCU GORE-TEX ジャケット

 

登山用に購入(まだ行ってない・・・)

登山用に購入(まだ行ってない・・・)

こちらはヤフオクと友人から譲り受けて上下合わせて約3万で購入

PATAGONIA MARS MICRO PUFF PANTS

 

友人からデッドストックを2.5万円で購入

冬の行動服のインナーとして購入

米軍 ECWCS Gen1型 JKT パンツ ウッドランド迷彩

 

こちらもヤフオクで上下で約3万円(上下ゴアです)

主に除雪用として購入

 

GEN3 POLARTEC ポーラテックインナー

 

主に作業用、仕事用のインナーとして購入

通販で米軍放出品を4800円

ECWCS GEN3 FLEECE JACKET

 

主にDIY作業用カバーオールのインナー用に購入

メルカリで約8000円で購入

アホかよ・・・・どんだけ購入しているの!(反省)

合計約10万円も買っている・・・(嫁には言えない)

ミルスペックをファッションアイテムとして使う

▲ちなみにパンツはカーハートダブルニー

今をときめく菅田将暉さんがGEN3 LEVEL 7を着ており話題となりました。

ダボッと大きめで着用しておりカッコいいですよね!

女性もM65のライナーを着ていたりします。

あとGEN3フリースを着ていたりする方も最近多いですよね?

着こなしのポイントは「ダボッ」「ゆったり」「大きめで」着用することでしょうかね!

(注意)上下セットアップで着てはいけません(W)

本物になってしまいます・・・

どんなときに役立つ?ミルスペック

先程使用用途を紹介しましたが、ここでは詳しくお話します。

北海道のマイナス10度の屋外の除雪

 

北海道の大雪・吹雪時の除雪を侮ってはいけません。本当に死ぬほど寒いです。市街地、郊外地でも前が見えないほどの吹雪になります。

ひざ上まで雪が降るときもあります。その中での除雪は本当に過酷です。

【除雪の時のセットアップ】

  • 靴 BUFFIN
  • パンツ インナーパンツはフリース、アウターパンツにECWCS GEN1
  • 上着 ヒートテックなどの通常の下着、patagoniaR2にECWCS GEN1
  • 他 帽子・手袋

自宅前での作業なのでインナーなどは適当です。

フリースのパンツを履いて、フリースの上着を着てGEN1のゴアテックスを羽織るだけです。今まではワークマンなどの適当な防寒着を着用していましたが、このセットアップにするともう手放せませんね!

この装備で完璧です。

除雪機を使いますが、体は多少動いているので、汗をかくくらいに温かいです。油断していると汗だくになりますね。マイナス10度の過酷な環境の中でも全く寒くない!

底冷えが恐ろしい氷上ワカサギ釣り

 

私はワカサギ釣りが好きで年に5回ほど氷上ワカサギ釣りに行きます。この釣りをなめてはいけません、氷の上で6時間近く椅子に座り釣りをします。

なめた格好で行くと、底冷えが半端ないです。

  • 靴 BUFFIN
  • パンツ GEN3インナー、MARSパタゴニア、アウターパンツにGEN1
  • 上着 インナーGEN3インナー フリース アウターJKTにGEN1
  • 他 帽子・手袋

特に気を付けたいのが足元です。座り続けていると本当に寒くなり体が「カチコチ」になります。

特にインナーのMARSパタゴニアは強い味方です。

このセットは日が出てくると上着のシェルを脱いでしまうほど暖かく最強です。

マイナス10近いナイタースキー

 

  • パンツ アウターパンツにGEN1ゴア
  • 上着 インナーGEN3インナー R1 マイクロパフ パタゴニアGOREスノーショットJKT
  • 他 帽子・手袋

インナーにはスキー靴を履くので、モンベルのインナーパンツを履いています。スキー場での上下セットアップはやばいです。訓練中の自衛隊さんと間違われるので下だけにしています。

気温マイナスの中での冬~春のショアフィッシング

 

サクラマス釣りも冬〜春の私の趣味で、2月位からシーズン開始。

朝4時から日が暮れるまで竿を振り続けます。(釣れたらすぐ帰れるんだけどね・・・)

  • パンツ インナーGEN3MARSパタゴニア 透湿ウェーダー
  • 上着 インナーGEN3インナー R1 マイクロパフ ゴアJKT
  • 他 帽子・手袋

この仕様で日が昇り始めると上着は脱いだりします。但し足元だけは冷やさない様に気を付けています。

軍モノは冬場の屋外でのDIYも

  • パンツ インナーパンツはフリース、アウターパンツにGEN1ゴア
  • 上着 インナーGEN3 フリース カーハートJKT
  • 他 帽子・手袋

屋外倉庫でのDIYの時も着用する場合が有ります。

極寒の北海道の長靴はこちらがおススメ▼本当に暖かい

ミルスペック(軍モノ)のメリット

先ほどからメリットに関してはお伝えしていますが特筆すべき点を上げていきます

【高スペックだが価格が安い】今の所・・・

ゴアテックスを使用しているウエアが殆どだが、米軍放出品だと同じ素材で半額位の価格で購入できる場合が有る。

例えばパタゴニアのゴアテックスのシェルは上手く購入できれば約半額で購入可能です。

【ファッションアイテムとしても使える】

最近の若者は上手にファッションアイテムと使用しており、「ダボっと」「大きめサイズ」で着るとお洒落になファッションアイテムとなります。

最近の若者はお洒落!

【極限に近い状態でも安心して着用できる】

私が一番推したいのはここです。

除雪の例でもお伝えしましたが、本当に頼りになります。

以前はワークマンの上下を6000円位で2年に1回ほど購入していました。ヘタるので

GEN1のゴアテックス上下を購入し2年経過しますが、ヘタることなく完璧です。

本当に良い買い物をしました。恐らく「ヘタって」も同じものを購入します。

ミルスペック(軍モノ)のデメリット

ミルスペックならではのデメリットも有ります。

【近年価格上昇が著しい】

数年前には米軍放出品のデッドストック品が数千円で購入できていたものが今では3倍の価格設定の物もあり驚きます。

ここ最近の価格上昇はLEVEL7(菅田将暉さん着用)

GEN3 フリースも価格上昇が著しい

市場から無くなってしまう可能性もあるので、状態の良いものは早めに購入しておいた方が吉かもしれません。

【セットアップで着てはいけない(ファッションとして)】

作業用としては問題ないのですが、ファッションアイテムとして上下のセットアップで着用すると「お洒落ではない」です。

一見すると「サバゲー」の人や、チョット「痛い人」に見られてしまうので注意が必要です。

お洒落な人はアクセントとして現代の洋服のシルエットと融合させて上手く着用しています。

【イカツク見られる】

除雪で上下セットアップを着用し、自宅前の道で人が通ると気にしすぎかもしれませんが通行人が「ウッ」ってチョイと注目します。

考えすぎかもしれませんが軍服ですから当然「イカツク」見えてしまいますよね!

【状態の良い中古が減ってきている。】

「ヤフオク」「メルカリ」などでも価格高騰により「デッドストック」の価格が異常な高騰を見せて、放出品もボロボロなのに高価になってきている印象があります。

状態の良い中古品は今はまだ市場に有りますが、この先数年もすると恐らく枯渇してきてしまう恐れもあるので、ミリタリーウエアのファンとしては「そっと」しておいてほしいです。本心

【サイズ感が難しい】

M-R M-L S-R S-L等、細かなサイズの設定が有ります。

私はM-Rを購入する場合が多いですが、細目な方、中肉中背の方、太目な方等体系は様々。

アイテムによってもファッションとして使うので有れば大きめが良かったり。

実用性で使いたいならジャストサイズが良かったりと、兎に角サイズ感に迷います。

実際に着用できる店舗も少ないでしょうから、ネットなので情報を探す必要が有ります。

【参考までに】

私は身長172cm 体重75kgのチョイデブ目の体系です。

上着は基本的にはM-R パンツは基本的にはM-S

購入するサイズ感は非常に難しいと感じています。

米軍放出品ミルスペック(軍モノ)のまとめ

ここまで「熱く」ミリタリーウエア(ミルスペック)について語ってきました。

まとめて一言で表すと「最高」「大好き」です。

ファッションとしても、趣味としても、実用的に使うにしても「文句の付けようのない」衣料品です。

又、アウトドアブランドが好きな方にも「ゴアテックス」「ポーラテック」等の最新の素材がふんだんに使われており素材感は「贅沢」です。

米軍放出品の価値を知るとアウトドアブランドの価格が「アホらしく」なってしまいます。

物によっては3分の1の価格~半額でうまく行けば「デッドストック」「美品」が購入可能です。

いかがでしたか?ミリタリーウエアを購入したくなってきたのではないですか?

私が本気でおすすめするミルスペックミリタリーウエア絶対購入して損は無いと断言できます。

それでは!

マニアックなファッションに関する記事はこちら▼