【誰でも出来るコーキング】コツと手順、水回りや隙間も綺麗にDIY!

知らなきゃ損! 車のDIYとセルフ リノベーション
スポンサーリンク

こんにちは、TIY LIFEの『みいパパ』です。

今回の記事は、自宅のシンクのコーキングが剥がれてしまったので、DIYでコーキングしてみた記事となります。意外と簡単で、綺麗に仕上がるので、ぜひ皆様にもお仕えしたく書いてみました。

この方法は友人のプロのコーキング職人さんから教わった内容となります。私も今までDIY好きが高じて失敗を繰り返してきましたが、この方法を教えてもらったおかげで自宅の外壁のコーキング補修まで、できるようになりました。是非参考にしてみてください。

でもでも、コーキングってプロに頼むものじゃないですか?DIYでって難しくないですか?失敗しそう・・・

みいパパ
みいパパ

恐らく結構綺麗に仕上がると思います。しっかり最後まで記事を見て、DIYにチャレンジしてみてください。

それでは早速解説していきます。

スポンサーリンク

コーキング(シーリング)って何?

コーキングは、建築物の気密性や防水性のために、施工の際にできる隙間をコーキング剤で充填することをいいます。

その材料であるパテなどのことを「充填材」「コーキング剤(caulking compound)」「コーキング剤(caulking agent)」または単に「コーキング」と呼びます。

コーキングとはこんな感じのものです。ホームセンターなどで手軽に揃えられます。

コーキングの種類(用途別)

 

 コーキングの種類

 

ここでは一般的な2種類を紹介します。

 

・シリコーン系

⇒キッチン、浴槽回り(要は水回りの使用に向いている)

 

・変成シリコーン系

⇒建築、外壁などに向いている(上から塗料も塗ることが可能)

今回使用したものはシンクの施工を行ったので、シリコーン系の透明を使用しました。

DIYコーキングするのに準備する道具

コーキングに必要な物はさほど多くはありません。比較的お安く工具は揃えられます。材料もすべて揃えても5000円はかからないと思います。多分業者を呼んだら数万円・・・

コーキングに必要は材料と道具一覧

  1. コーキング材
  2. コーキングガン
  3. マスキングテープ
  4. コーキングへら
  5. 捨ててもいい布や、段ボールの切れ端

コーキングガン

 

※コーキングガンは安いものは使用しないでください。(プロから言われました)私が使用しているものはこちらです(職人推奨)使いやすさが違います。

画像で使用しているものとは違いますが、2000円前後の物を購入するといいと思います。数百円の物がよくホームセンターで売っていますが、使いずらいので✖ 間違いなく仕上がりにも差が出ます!

 

割とヘラは何でもいいのですが、このヘラは固いので、コツが必要です。穴の幅のサイズに合わせて大きさは選ぶといいでしょう!

柔らかいヘラも良いですね!(初心者はこちらのほうが使いやすいと思います)

DIYコーキングの施工方法(手順1〜9)

【1、マスキングテープを張る(今回は養生テープが余っていたので養生テープを使用しています)】

テープはしっかりと貼りましょう。 仕上がりの8割がここで決まります!

完璧にしたい方はこのテープの貼り方が本当に重要です。今回は直線ですが、直角や、曲線の仕上げとなるとテープの貼り方が仕上がりを大きく左右します。

【2.コーキング材に穴をあける。】
コーキング材にはキャップがあり、そのままでは、材が出てきません、キャップを裏返して、ボトルの先端に穴をあけるところからスタートです。
穴を開けなければ、何時まで経っても材は出てきません。
【3.コーキング材の頭を切り落とします。】
※ここでは、埋めたい穴の大きさより少し大きめに思い切って斜めにカットしましょう!
多少大きな穴になってもマスキングテープを張っているので問題ありません。
その後コーキングガンにセットします。
【4.穴にカットした面が平行になるようにシーリング材を入れていきます。】
ハンドルをこまめに握り少しづつ材を出していきます。
【5.ちょっと多いかな?位入れ込んでOK、はみ出てもマスキングしているのでOKです!】
【6.コーキング慣らしヘラを開封し】
【7.ヘラで均して平らにしていきます。】
先を使用しても、横を使用しても良いかと思います。
端っこは「シュッ」と切る感じで
慣らしヘラに付いた材は布切れや、段ボールにこすって落としましょう!
できるだけ何度もこすらず、1回か2回で「仕上げる」のがコツです!
【8.乾く前にテープ(養生テープ)を剥がしていきます】
【9.乾いたら完成です。】
いかがでしょうか?少しはみ出ていますが、遠くから見ると非常に綺麗な仕上がりです。

コーキングDIYまとめ

いかがでしたか?意外と簡単に施工が可能です。

材料費もさほど掛からずDIYで十分な仕上がりになります。

コツとポイントのまとめ

・コーキングガンは多少良いものを買いましょう!

・マスキングで仕上がりの8割が決まります。ここは丁寧に!

・コーキング材の口は斜めに大きめにカットしましょう。

・はみ出てもOK,少し盛り上がるくらいで材を投入しましょう!

・ヘラで均し終わったら乾く前にマスキングテープを剥がしましょう!

いかがでしたか?結構簡単ですよ!ぜひチャレンジしてみてください。その他のDIY記事はこちら▼

コメント